新潟で永代供養のご相談なら | 曹洞宗 雲居寺

スマホはこちら

2017年
8月4日

今日の法話
お盆が来ました (3) 精霊棚(盆棚)の飾り方をご存じですか?
一年もこの八月を境に、いよいよ後半入りだなという感じになりますね。
お寺では8月1日から13日まで毎日、本堂の施餓鬼棚にあるお供えを準備しお経をお挙げいたしております。お経は毎晩7時から約30分くらいお挙げいたします。そのお勤めを『施餓鬼法要』といいます。簡単に言えば『餓鬼』に施しものをする法要だからです。では餓鬼とは何でしょうか?
 餓鬼とは【煩悩・欲望・妬みなど】を持っている人間を指しています。即ち全ての人間を指しています。(欲望のない人や迷いのない人はいませんよね。)精霊もまた生前にはたくさんの煩悩に迷い苦しんでいることが多かったと思われます。
お施餓鬼供養は生きとし生けるもの、更にあの世にいる精霊にもお供え物(物供養)をし、お経(法供養)をお挙げする供養のことです。ですからお寺に縁のある方(お檀家)は勿論、縁のない方、さらにはこの世に生を受けているすべてに供養し感謝を表す法要を『施餓鬼法要もしくは施餓鬼会』といいます。
 そして、あるお供え物とは『水の子』と呼ばれるお供え物です。
それは洗ったお米とさいの目に切ったナスとキョウリを混ぜ合わせ、蓮の葉やお皿に盛り合わせたものです。水の子の他にキョウリの馬とナスの馬、ホオズキ、さらに季節の野菜や果物(すいか、トマト、とうもろこしそれに素麺など)をお供えします。
 面倒くさいと嫌がらずに年に一度の行事です。私たちもやがてあの世に行ってしまう身です。しっかりと後世に伝えたいものです。
 お盆のお経に是非お出でください。(虫や蚊が入りますので本堂の戸は閉めさせていただきます。鍵は開いております。)いつでもどなたでもお参りください。
過去の法話
読経
定期読経、特別な行持や
行事の際に中継配信いたします。
※読経は毎朝6時からライブ配信しています。
Video streaming by Ustream
共同墓地の様子
現在の墓地の様子を
リアルタイムで
24時間配信いたします。
Video streaming by Ustream

新潟で永代供養を行う【雲居寺】

新潟永代供養ペット供養などを行う寺院をお探しでしたら、納骨棚・永代供養のをご用意している【雲居寺】へお越しください。【雲居寺】の納骨棚は本堂内にあり、ご遺骨を個別で3回忌が終わるまで安置することができ、3回忌が終わったあとのご遺骨は、永代供養の墓に埋葬いたします。費用も一般的な相場よりもお安くなっておりますので、永代供養をお考えの際は【雲居寺】へご相談ください。

>> 新潟で永代供養などのご相談を承る【雲居寺】のコラム